血圧が高いなら食事と運動で対策しよう!

血圧が高いとお悩みのあなた!食事と運動で高血圧の対策をしませんか?

運動すれば高血圧対策になる?

運動すれば、高血圧対策になるといわれていますが、本当なのかどうか気になってしまう所です。

「逆に血圧が上がって逆効果になるためは?」と思う人も多いでしょう。

たしかに運動をしたら一時的に血圧は上がりますが、血流が良くなりますから、しばらくすると下がっていきます。

日頃から体を動かす事によって、血圧を安定させることができますし、肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)の予防にも繋がりますから、高血圧の人は運動を始めた方がいいです。

高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)対策として最も適している運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)はウォーキングです。

ウォーキング(大人?が参加する大会などのイベントも行われています)は有酸素運動なので、高血圧の予防・改善にとても有効なのです。

ウォーキングをする場合、必ず専用の靴を履きましょう。

ヒールやサンダルで行うと効果が落ちるだけではなく、怪我をする危険もあります。

そして、水分補給も忘れてはいけません。

ウォーキング(ウォーキング教室に参加すると正しい歩き方を学ぶことができます)は体力を使用しない運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)だからといって、汗は意外にかきます。

水分(あるものに含まれている水のことです)補給をしないと脱水症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)になってしまう為、水分補給は大切です。

また、重度の高血圧の人は運動を控えるようにしてください。

運動を行っていて具合が悪くなった場合はすぐに中止しましょう。